カルディのマッスンブ サムゲタン(参鶏湯) のお味は?これって買い?

カルディのサムゲタン(参鶏湯)KALDI

カルディに行くたびに気になっていたでかい赤い袋、その名も「サムゲタン(参鶏湯)」。丸々鶏1匹が高麗人参なんかとじっくり煮込まれた写真が袋についていて、本当にこの写真のようなのか?と疑問に思っていたのです。

先に答えをお伝えすると、躊躇している方、騙されたと思って一度買ってみて!その理由は…

この記事で分かること
・カルディのサムゲタンの袋の中身
・カルディのサムゲタンの味(アレンジレシピ)
スポンサーリンク


カルディのサムゲタン(参鶏湯)は人気らしい

まず、パッケージの写真を見てもらいたいのですが

カルディのサムゲタン(参鶏湯)

肉や魚を切り身で購入して調理する人が多い近頃の傾向からすると、鶏丸々1匹入っているこの写真を見て購入しようとする人はそんなにいないのでは?と思っていたのです。

購入した時、賞味期限まで1年以上もあったのにお値下げ10%オフになっていました。やっぱ人気ないのかなぁと思ってたのですが、実はリビュー評価が思いのほか高くてびっくり。

「参鶏湯(サムゲタン)」韓国の代表的なスープ料理のひとつで、朝食として食べられることもあります。

若鶏のおなかに高麗人参やもち米、なつめ、にんにくなどをつめこみ、じっくりと煮込んで作られているので、栄養価の高い健康食として古くから韓国で親しまれてきたスープです。

口コミはこんな感じ

★★★★★
最初に自家で美味しく頂きました。
その後、高齢者となった親戚3軒に送りました。
みなさんには、寒い季節に喜んでいただいて、再度送ったりしています。
白菜、キノコ、にんにくなどの野菜を入れて温めると、水分も量も増えてまた美味しく頂けます。
鶏の骨は大変柔らかく炊いてありますが、鎖骨?の部分でしょうか、細く硬いV字型の骨は、食べられません。
高齢者には、よく注意をして食べるように話して送っています。

★★★★★
簡単でおいしいです。少し高めですが鍋にあきた時に食べてます。

★★★★
以前はよく韓国に行ってましだが、最近はぱったりいかなくなり・・・たまに食べたくなるので買い置きしてます。

引用:ロハコレビューより

たっぷり1kg入りで2~3人分。そのまま沸騰したお湯で温めるか、中身を深めの容器にあけて電子レンジでチンすれば手軽に本格韓国の味が楽しめるという人気のスープだったのです。

では、実際に私も食べてお味リポートしたいと思います。

カルディのサムゲタン1㎏

まずは温めるところから。

1㎏を侮ってはいけません。お皿に盛ってレンチンしようと思ったのですが、サムゲタン1㎏を盛れるキャパのお皿が我が家にはなかったのです。。。

そこで、一番大きいティファールの深鍋で温めることにしました。カルディのサムゲタン(参鶏湯)

湯煎で温める場合は、袋を開封せずに沸騰したお湯の中に入れて、約20分ほど温めます。

お湯がボコボコしているときは、どうしてもお鍋の周りにお湯がはねてしまうのが面倒な所。パスタ茹でる用のお鍋とか使うと良いかもしれません。

そして、20分後に気になる袋をオープン!

カルディのサムゲタン(参鶏湯)

をを!丸々一匹鶏入ってる~。ちょっとグロいんですけど。。。首の部分からでろ~んと出ているのは、高麗ニンジンの根っこ。

ちなみに、ネットだと

カルディのサムゲタン(参鶏湯)

こんな感じの写真になっています。とても食欲をそそりますよね。この写真をイメージして購入すると、実際に家で食べる時にちょっとグロい+しょぼい(´・ω・`)って思ってしまうかもしれません。

でも、大切なのは味です!

スポンサーリンク


カルディのサムゲタン(参鶏湯)の味は?

サムゲタンには何も味付けもせずに、鍋に入ったままの状態で食べてみることにしました。

ぱっくりと二つに割ってみたところ、中にはもち米ぎっしり。鶏の感じは残っていますが、これなら全然いけそう。

カルディのサムゲタン(参鶏湯)

10代の息子二人は、躊躇することなく箸を出してくれました。

ももた
ももた

これ、骨まで柔らかいからバリバリ食べれちゃう

こももた
こももた

うめえ、うめえ。ちょっと味が物足りないけど、全然このままいける!

見た目で、ストップするかと思っていましたが全然大丈夫。偏食気味のももたも箸が止まらずでした。

ももつ
ももつ

確かに味は薄目。塩で味付けしたおかゆに味を少し足した感じ。でも、これくらいの味の方のが食後に喉も乾かないし健康的。

高麗人参、にんにく、ナツメという体に良い物をぎゅっとつめこんだ野菜が入っているからか、食後に身体がポカポカしてきました。賞味期限が長いので、病気で食事を作れない主婦の強い味方、非常食にもなりそうです。

【原材料】
鶏肉、もち米(韓国産)、米(韓国産)、野菜(高麗人参、にんにく、ナツメ)、鶏肉エキス、食塩、粉末にんにく、粉末たまねぎ、粉末生姜、調味料(核酸)
カルディのサムゲタン(参鶏湯)

カルディのサムゲタン(参鶏湯)のアレンジレシピ

そのまま食べても美味しいですが、美容と健康の料理に変身もできます。

白菜、ネギ、ニンニク、にらを足してお好みで水分を加えるだけで野菜たっぷりの鍋になります。

マッスンブサムゲタン1袋を開封して中身を鍋に入れます。
そこへ、みじん切りのにんにく1かけら、白米200g、細切りのねぎ(適量)、中華だし(適量)、塩・コショウを入れて火をかけるとサムゲタン雑炊になります。

醤油などで味を整えてください。

カルディのマッスンブサムゲタンまとめ

見た目と違って、ものすごく繊細な味。本場韓国では、朝食にサムゲタンを食べる人もいるそうですが、納得の味。朝鮮ニンジンの独特な味もないので、病み上がりで元気出したい時にもおススメ。

スープも最後の一滴まで飲み干しちゃいたくなります。

温める時に、大きいお鍋か大きいお皿が必要になりますが、お1人様なら小分けにして食べても良さそう。

賞味期限も長いので、非常食・常備食として1つ置いておいても良さそうですよ。カルディショップでセールになっていたら即買い決定かも。

スポンサーリンク


コメント