【治療体験談】両足の下肢静脈瘤をレーザー治療/手術 術後の経過や費用は?

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)の体験記心と身体

50代の私が下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)を決心し、病院探しから治療終了するまでの長文記事になります。

30代後半の15年程前から足の静脈瘤が少しずつ目立ち始めました。
ここ2~3年は、夕方になると足の疲れや痛みもあったのと、足の静脈瘤も目立ち始めて、
夏にサンダルを履いたりするのが厳しくなってきたことから病院で診察してもらいました。

この記事は冊子テルモ静脈瘤の話と病院で受けた医師の話や手術の経過・体験によって記事を作成しています。長文記事になりますので、既にレーザー治療を決めている方は、目次より静脈瘤のレーザー治療を決めたらに飛んでください

スポンサーリンク



  1. 下肢静脈瘤のレーザー治療/レーザー手術はやって良かった?
  2. 下肢静脈瘤ってどんな病気?
    1. 【治療体験談】手術前の静脈瘤の様子
    2. 下肢静脈瘤のレーザー治療・手術前の痛みは?
  3. 下肢静脈瘤のレーザー治療/レーザー手術を決めたら
    1. 病院選びは慎重に
    2. 下肢静脈瘤のレーザー治療/レーザー手術前に
    3. 下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)前のエコー検査
    4. 下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)前の採血・心電図検査
    5. 医療用ストッキングの説明
    6. 初診の流れと診察料金
    7. 生命保険で手術給付金が出る場合も
  4. 下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)当日の様子
    1. 下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)前の注意
    2. 下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)の流れ
    3. 下肢静脈瘤レーザー手術当日の診察料金は?
  5. 下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)後の足の様子
    1. 下肢静脈瘤レーザー治療(手術) 当日から6日目までの様子
    2. 下肢静脈瘤手術7日目にかゆみの皮膚トラブル発生
      1. 皮膚トラブルによる診察料金と薬代
    3. 下肢静脈瘤レーザー治療(手術) 9日目から1ヵ月までの様子
      1. 1ヵ月検診の診察料金その他
    4. 下肢静脈瘤レーザー治療(手術) 1ヵ月半から2ヵ月までの様子
    5. 下肢静脈瘤レーザー治療(手術) 3カ月までの様子
    6. 下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)前と後の写真
  6. 下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)まとめ

下肢静脈瘤のレーザー治療/レーザー手術はやって良かった?

最初に結論から言ってしまうと、私の場合はやってよかった!です。
見た目的な部分も以前よりもキレイになりましたが、なんといっても足のむくみや痛み、辛さが格段に楽になりました。

私の母はひどい静脈瘤に悩まされていました。そのため、今から30年以上前にストリッピングという拡張したり瘤化した静脈を抜き取る手術をしたのですが、当時は入院したり日帰り手術でも1週間程不自由な生活をしていた記憶があります。

ももつ
ももつ

静脈瘤のレーザー手術は、手術時間が短くて負担が少ないだけでなく、手術した日から普通に歩いたりできて、生活にほぼ支障なしでしたよ

治療費も後で詳しく説明しますが、手術ということで入っていた保険から給付金が出ました。これは、とても大きく今回の手術費用は実質無料になったのも大きいです。

下肢静脈瘤ってどんな病気?

私は母が静脈瘤だったので知識がありましたが、言葉で聞いたことがあるけれど実際どのような病気なのか分からない方もいると思います。

担当医師からも「静脈瘤」について丁寧な説明を受けました。正確には「下肢静脈瘤」というそうです。

日本人人口全体の43.4%、約2人に1人が下肢静脈瘤を発症していると言われています。足にある静脈に血がたまり血管が膨らんでしまう病気で、特に女性に多くみられるんですよ。

 

血液は心臓から動脈を伝って脚のすみずみまで流れ、皮膚や筋肉などを通って静脈へ行きます。
心臓への帰り道である下肢などの静脈の中の血液は、重力に逆らって心臓へ、すなわち下から上へのぼらなければなりません。

そのために大切な役割を果たすのが静脈の弁とふくらはぎの筋肉です。脚の静脈には多くの弁があり血液の逆流を防いでいます。さらに、ふくらはぎの筋肉が収縮するたびに脚の静脈は圧迫され、弁と協調しながら血液を心臓まで運んでいきます。

この弁がきちんと閉じなくなり、血液が逆流してしまうのが下肢静脈瘤です。

静脈瘤とはどういう病気?

うっ血が起こり足の血液循環が悪くなることで、さらに静脈に血液がたまり血管が徐々に太くなっていきます。

はじめのうちは静脈が拡張や蛇行するだけですが、さらにひどくなると足がむくむ、重くなる、疲れやすくなる、さらに進行すると足が痛くなる、つりやすくなるなどの症状が出てきます。

参考:静脈瘤のはなし テルモ株式会社

足が重い、だるい、疲れやすいことや、夜中に足がよくつったり、足にかゆみがあったり、熱感があるのも下肢静脈瘤の症状です。

症状が出ていなくても、くもの巣のように細かい血管が浮き出ていたり、親族に静脈瘤の人がいる方も要チェックなんだそうですよ。

【治療体験談】手術前の静脈瘤の様子

私の静脈瘤の様子から説明します。脚の静脈瘤の様子 レーザー治療・レーザー手術前

右足の方がボコボコしていて、夏に7分だけのパンツを履いたり、サンダルを履くと静脈瘤が目立ちます。また、夕方になると足のむくみだけでなく、重さやだるさも出てくるので、寝る前にマッサージをしたり足裏薬草樹液シートを貼ったりと、ケアが欠かせなかったのです。

足の静脈瘤の様子 レーザー治療・レーザー手術前

着圧ソックスを履くと目立たなくなりますが、見た目的には素足はかなり厳しい状況でした。

静脈瘤の様子 レーザー治療・レーザー手術前

もう少しアップにすると右足の足首です。静脈瘤目立ちますね。

静脈瘤の様子 レーザー治療・レーザー手術前

左足は膝裏側に静脈瘤ありとのことで、ボコボコした静脈瘤はないもののくも状静脈瘤があり。

静脈瘤の様子 レーザー治療・手術前

写真のようにくも状静脈瘤が膝裏、ふくらはぎ、かかとやつま先にもありました。

下肢静脈瘤のレーザー治療・手術前の痛みは?

写真に赤丸で記した部分は、夕方になるとむくみや重さや痛みが出てました。寝ている時に脚がつることも度々。

静脈瘤の様子 レーザー治療・手術前

ひどいときには朝起きても足の重さや痛みがひかないこともあったので、いつもよりも疲れている時は寝る前に足裏シートを貼って寝てました

横道にそれますが、足のむくみや痛みがひどい時のお助けグッズはこちらの足裏樹液シート。

足裏樹液シート レーザー治療・手術前

寝る前に足裏樹液シートを貼ります。お風呂の後やシートを貼った後に湯たんぽなどで足裏を温めるとより効果が実感できます。

足裏シート レーザー治療・手術前

個人差はあるかと思いますが、私の使用した感想は足がポカポカしてすっきり!

薬草の香りがより効果を高めてる気もしますが、シートを外した時には多めのウェットティッシュで拭き取ってください。夏場なら、シャワーで足を洗うとスッキリします。

足裏樹液シート16枚(テープ付き)入り送料無料で1,000円というお試しもあります。

公式ホームページから登録、注文すると500ポイント(500円分)のプレゼントがもらえます。

スポンサーリンク


下肢静脈瘤のレーザー治療/レーザー手術を決めたら

足のだるさやむくみも辛かったけれど、サンダルやミュールを履いた時にボコボコの自分の足を見てレーザー治療を決意しました。いつまでもキレイでいたいのは女性の願いですからね~。

早速病院探し。グーグルで「静脈瘤」「レーザー治療」「地域(通院できる地域名)」の3つのワードを入力した後に検索ポチ。その中で、口コミをチェック。更に病院のホームページをチェックし、経験豊富な病院を確認したら、電話で予約するというステップで病院を選びました。

いきなり予約して病院へ行くのに抵抗がある人は、メールや電話での静脈瘤の相談もしてくれる病院もあります。

病院選びは慎重に

身近な人で実際に下肢静脈瘤のレーザー治療やレーザー手術を経験している人から情報をもらうのが確実ではありますが、「私、静脈瘤のレーザー治療したのよ」という人もなかなかいないと思うんですよね。

そこで私はネットで検索した後、その病院の口コミや評判などをチェック。そして予約の電話を入れました。

受付の人の応対で、その病院の質が分かるといいますか…

ももつ
ももつ

通院した病院は口コミも良かったけど、電話対応が丁寧で的確だったので安心できました。あと完全予約制というのも待ち時間が極力減らせるのでチェックすると良いですよ

治療費が明確に表示されている
治療方法が詳しく説明されている
レーザー治療・レーザー手術に進むとなると、やはり治療費は高くなります。
しっかりと治療費が表示されている病院も選ぶ目安になるかと思います。

下肢静脈瘤のレーザー治療/レーザー手術前に

予約した日時に病院へ行き、渡された問診票を記入。完全予約制なので、待ち時間はほとんどなし。
せっかちなので、何よりもこの待ち時間がほぼゼロというのがありがたいです。

先生より、静脈瘤という病気についての丁寧な説明。そしてその静脈瘤を治療するために、弁が壊れてしまった静脈をレーザー照射してつぶしてしまう方法を口頭、図、動画にて説明してもらいました。

先生
先生

桃つさん、分からないことは何でも質問してください。どんなことでも気になっていたら聞いてくださいね

患者の気持ちに寄り添って下さる先生の気持ちも嬉しかったです。

医師とのカウンセリングの段階で「おや?」と思うことがあれば、すぐにレーザー手術を決めずに、他の病院に行ってみるのも良いかもしれません。初診料は余計にかかってしまいますが、不安に思っていることが聞きにくかったりするよりも、信頼のおける話しやすい医師にお願いするのが良いと思います。

ここまでの説明を聞き、手術する決心が固まった桃つ。ということで、この段階で手術の予定日も初診日の1週間後に決定。

【所要時間約20分】

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)前のエコー検査

先生の話を聞き、レーザー治療(手術)をすることに同意をすると、別室にて超音波検査になります。

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)前のエコー検査

静脈瘤の様子を見て、どの静脈の弁が壊れているかを超音波(エコー)で確認。
私の場合、右足の静脈瘤が目立っていましたが、左足の膝裏にくも状静脈瘤があり、超音波検査で血液の逆流がみられたので、弁の壊れた静脈を確認。

両足共にレーザー治療(手術)をすることに決定。

【所要時間約10分】

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)前の採血・心電図検査

HIV(エイズ検査)や肝炎ウィルス検査などのために採血を行いました。また心電図検査を行いました。採血の結果が5日程で医師の手元に届くとのことで、それ以降で都合の良い日をレーザー治療(手術)の予定日にして頂きました。

【所要時間約10分】

スポンサーリンク



医療用ストッキングの説明

レーザー治療(手術)後は、足の奥にある静脈に血栓(血のかたまり)ができ、その血栓が移動して血管を詰まらせないように、医療用ストッキングを着用する必要があります。

看護師より着圧ストッキングの説明をして頂いた後で

ももつ
ももつ

着圧式のメディキュットならありますが、そちらでも代用できますか?

と確認したところ、医療用ストッキングは着圧が強いのでメディキュットでは代用できないとのこと。

足に合ったサイズを確認して、テルモより発売されている医療用の着圧ストッキング、ジョブストを購入。

静脈瘤のレーザー治療、レーザー手術後にはく着圧ストッキング

こちらは1足税込み5,200円。替えが必要なので2足購入。かなり高額のソックスになります(;´∀`)
また、色は黒とベージュの2色のみ。ネットショップでも購入できるようですが、自分のサイズに合ったものをしっかりと選ばれることをおススメします。

初診の流れと診察料金

1. 受付を済ませてから問診票の記入

2. 医師より下肢静脈瘤の説明、静脈瘤のレーザー治療(手術)についての細かい説明
(ここでレーザー治療(手術)を決めた場合は次のステップに移りますが、保留の場合は診察はここで終了になります)

3. 超音波で、その時の足の様子や弁の壊れている静脈を確認

4. 採血・心電図検査

5. 医療用ストッキングについての説明

5まで入れると所要時間は約1時間半前後になります。

診察料
初診料、検査代   5,670円(3割負担)  18,900円(実費)
医療用ストッキング 10,400円(実費)

医療用ストッキングは保険適用外になります。
また、手術の見積書も頂きました。片足46,000円×2  合計 92,000円

生命保険で手術給付金が出る場合も

診察料、手術料金などは高額です。しかし加入している保険によっては、手術給付金が出る場合があります。

加入している生命保険会社に確認してください。また給付金請求の際には、診断書が必要になります。

受付の方から貴重な話を聞きました。これ知らなかったら請求してなかったわ(;´∀`)

これから下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)を考えている方は、加入中の生命保険会社に給付金が出るのか確認されると良いです。

また、医師の診断書は生命保険会社指定のものになるので、取り寄せが必要になります。

ももつ
ももつ

保険会社に下肢静脈瘤のレーザー手術をすることを伝えたら、請求書類一式を送って頂きました。私の場合は、術後約2週間で手術給付金が振り込まれました

医師の診断書は、病院によって異なりますが料金が発生します。私の場合は5,000円でした。

スポンサーリンク


下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)当日の様子

いよいよ下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)の日。不安か?というと、これが全く不安ではなかったのです。事前に詳しく説明を聞いていたこと、痛みはそれほどないということ、手術当日から歩いて帰れて生活に大きな支障がでないということが分かっていたからだと思います。

そして、手術に要した時間は私の場合両足でしたが、わずか30分でした。

病院へ到着してから帰宅するまでで、約1時間。初診の診察よりも短くて驚きました。この辺りも含めて細かく書いていきます。

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)前の注意

糖尿病、抗凝固剤、高血圧など、服用中の薬がある場合は、医師に伝える必要になります。

予防接種は、手術前後1週間は受けることができません。

【手術前日の注意】
・アルコール、下剤の服用NG
・前日夜~手術朝に入浴をして衛生管理をする
・マニキュア・ジェルネイルは取る
・体調がすぐれない場合は病院へ連絡する
【手術当日の注意】
・食事は手術の1時間前までにすませる
・飲水制限はなし
・手術前にトイレを済ませておく

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)の流れ

・受付を済ませてから、感染症予防のために抗生物質を内服。

・手術着へ着替え。ショーツは紙パンツに履き替えます。

・手術室へ入室、手術の準備
(レーザーで閉鎖する静脈部分にペンで印をつけ、足の消毒)

・麻酔の注射を打ち、手術スタート

ここまでで、所要時間は約15分

先生の指示や「痛かったら言ってくださいね」という声はしっかり聞こえてました。

ももつ
ももつ

手術中、一番痛かったのは麻酔の注射。とは言っても注射は一般的に痛いものですから。

それ以外の痛みは、ほとんどなかったです。

右足からレーザー治療(手術)が始まりました。

先生
先生

水入ります

先生が何度となく言われた言葉ですが、これは閉鎖する静脈の周囲に水(生理食塩液)を入れて、レーザーで静脈を焼灼するときの熱を抑えるとのことでした。

お水が入ったあとに、レーザーで静脈の焼灼。

ももつ
ももつ

水が入る時は、ちょっと足に違和感というか足に水が入ってくる感じは分かりましたが、痛みはなかったです。

また、レーザーで静脈を焼いている時も痛みは全くなしでした

右足のレーザー治療(手術)が始まってから10分弱で、先生から「もうメインの部分は終わりましたからね」という声が。

え、こんなに短時間なの?私は寝てるだけだけど。そして左足のレーザー治療も開始。

右足は、仰向けでレーザー治療(手術)を受けましたが、左足は膝裏だったのでうつ伏せへ変更。痛みもなく体勢変えることができました。

ももつ
ももつ

レーザー治療(手術)中は、やることがないので手術室の時計をずっとみてました。右足同様、左足も同じように麻酔の注射をして、足に水を入れたらレーザー焼灼。

麻酔の注射は痛かったですが(普通に注射をするレベルの痛さ)、それ以外は痛みは全くありませんでしたよ

《手術の時間は両足で30分弱》

個人差はあるとおもいますので、あくまでも目安と思って頂ければ。
一般的には、片足は約30分となっていますが、その人その人の症状にもよりますので。

先生
先生

桃つさん、レーザー手術は無事終わりましたので着圧ストッキングを履かせますね。

体調はどうですか?問題なければ、着替えて帰宅しても大丈夫ですよ。

今日から、どんどん歩いてください。

先生から帰宅許可を頂き、痛み止めの薬をもらって帰宅の運びとなりました。

静脈瘤のレーザー治療(手術)直後の足の様子はどうかというと、足に水(生理食塩液)を入れているのでパンパンになっています。痛みは、ほとんどありませんでした。

下肢静脈瘤レーザー手術当日の診察料金は?

診察料
再診料、手術代   87,640円(3割負担)  292,140円(実費)
薬代         480円(3割負担)   1,600円(実費)

処方された薬
・ロキソプロフェンNa錠60㎎ 5回分 (痛み止め)
・レバミピド錠100㎎ 5回分 (胃薬)

見積料金が92,000円でしたが、実際の料金は薬代込の88,120円でした。

スポンサーリンク



下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)後の足の様子

麻酔が切れたら痛みがでるかも?の不安はありました。
帰宅後、少しうずうずする?という感じはありましたが、薬を飲むほどではなく手術当日は少し早めに就寝。

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)後の足

写真は手術当日、帰宅した時の写真になります。右足(写真左)は、手術した後の防水テープと白い脱脂綿がストッキングを履いてもわかりますね。

下肢静脈瘤レーザー治療(手術) 当日から6日目までの様子

ここからは、静脈瘤レーザー治療(手術)後の足の様子を備忘録も兼ねて記録しています。
写真が少し多めになっています。

【手術当日】

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)当日の様子

生理食塩液と麻酔液が入っているので、両足共にパンパンに張っています。
椅子に座ったり歩くのは全く問題はありませんが、正座はできません。多分、しないほうが良いと思います

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)当日の様子

左足もパンパンに張ってます。防水テープで留められていますが、レーザー治療(手術)をしたような大きな傷痕もありません。

手術当日のみお風呂に入ったり、シャワーを浴びることができません

ももつ
ももつ

麻酔が切れた時に、少し痛みがでましたが薬は飲まなくても大丈夫な程度でした。翌日には痛みも消えてましたが、痛みがある時は我慢せずに痛み止めを飲んだ方が良いと思います

手術後、1週間はお風呂に入る時間以外は着圧ストッキングを着用しなくてはいけません。

【手術翌日、2日目】

レーザー治療(手術)翌日は、病院で術後経過で傷の確認とエコー検査をしてもらいました。
問題もなく、防水テープを外して直接医療用ストッキングを着用。

また、この日から運動制限がなくなり、入浴も可能になりました。

先生
先生

どんどん体を動かしてください。運動制限はありませんから。

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)2日目の様子

足の水分は少しずつなくなっていくとのことでしたが、まだパンパンに張ってます。写真は病院へ行く前の様子なので、まだ防水テープと脱脂綿がついた状態。

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)2日目の様子

手術当日と大きな差はありませんが、ほんの少しだけ水分が抜けてる感じがします。
痛みは全くなくなりました。正座はできません。カーペットに座る時は足を投げ出して座ってます。

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)2日目の様子

医療用ストッキングを履いた様子がこちら。着圧があるので、履いていると血行が良くなっている感じもあり、確かにメディキュットよりも圧が強いです。

【手術3日目】

右足上の傷跡もかなりきれいになってきました。水分はまだ抜けていないので、正座はできず。

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)後、3日目

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)後、3日目

左足の膝裏は、レーザー治療(手術)した血管が皮膚から少し離れていたので、かなり目立たなくなってきました。痛みなし。左足の水分も抜けていないので、パンパンな状態ですが日常生活には支障なし。

【手術4日目】

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)後、4日目

先生いわく、右足の焼灼した血管は皮膚に近い所だったので、少し左足よりも手術の跡が消えるのに時間がかかると言われました。この薄さであればストッキングを履けば問題なさそうです。
足の水はまだ残っている感じがありますが、短い時間であれば正座ができるようになりました。

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)後、4日目

左足は、かなりきれいになってきました。右足同様に水分が抜けてきているので、正座をしても違和感がなくなりつつありますが、洗濯物を畳むくらいの時間なら正座ができるようになりました。

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)後、4日目

気になっていた右足のボコボコしている静脈瘤。手術してすぐに治るわけではなく、こちらも時間をかけて目立たなくなっていくそうです。手術前とこちらは変わらず。

【手術5日目~6日目】

5日目は4日目と大きな変化はありませんが、6日目には足に入れた水分が抜けたようでむくみやパンパン感はなくなってきました。正座もできるようになりました。

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)後、5日目

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)をして1週間弱ですが、今まで重いだるい、疲れを感じていた部分の悩みがかなりなくなってきているのを実感しています。

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)後、6日目

左足は、手術したのが分からないくらいまで回復してます。このまま順調にいくものと思っていたのですが…

スポンサーリンク


下肢静脈瘤手術7日目にかゆみの皮膚トラブル発生

ここまで順調にきていた静脈瘤のレーザー治療(手術)でしたが、7日目に入り両足に痒みがでてきました。この痒みは手術によるものではなく、医療用ストッキングを着用していたからのようです。

術後、1週間は入浴時以外24時間着用しなければいけないのですが、私の足が敏感なのか?ストッキングによる炎症で強い痒みが発生。焼灼した静脈部分を直接かかなかったものの、その周辺をボリボリかきました。

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)後、7日目

右足は、手術の部分が赤くなってます。

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)後、7日目

左足は痒みがあるものの、見た目的に変化はなし。早速、病院へ電話。

ももつ
ももつ

手術した部分に強い痒みがあるのですが、どうしたら良いでしょうか?

できれば診察もお願いします。

桃つさん、医療用ストッキングは規定期間は着用されていたんですよね。術後1週間経ってますから、ストッキングを履かないようにしてください。そして保湿クリームで様子をみてください。

というお話。翌日(手術8日目)に診察の予約を入れました。

分かってはいるけれど、痒くてついつい手が足に…。きっと、寝ている時にも無意識に足を掻いていたと思われます。

【手術8日目】

更に痒みは強くなり、炎症の赤味も目立つようになりました。

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)後8日目

この状態でも、目立ちますね。

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)後8日目

右足は手術した静脈部分、その周辺が赤いです。痒みの強さは5段階中の4段階(あくまでも個人的意見ですが)

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)後8日目

左足の膝裏も全体的に赤く炎症になってます。

ももつ
ももつ

先生、足が痒いです。とにかく痒いです。赤くなっちゃいました

先生
先生

桃つさん、まぁまぁ焦らずに。

エコー検査したところ問題はありません。ストッキングによる炎症のようです。皮膚が敏感なのですね

ということで、かゆみ止めの薬を処方して頂きました。

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)後のかゆみ止め薬

 

アズノールという水色の薬です。薬剤師さんよりステロイドは入っていない薬でかゆみが出た時につけてくださいと説明を受けて帰宅。

皮膚トラブルによる診察料金と薬代

診察料
再診料、検査代   1,640円(3割負担)  5,460円(実費)
薬代  430円(3割負担)  約1,440円(実費)

スポンサーリンク


下肢静脈瘤レーザー治療(手術) 9日目から1ヵ月までの様子

処方された薬をぬりぬりしたところ、かゆみはほとんど止まりました。
薬って本当に偉大だわ~。

【手術9日目】
痒み騒動がありましたが、足の水分は全て抜けたようで足のパンパン感はゼロ。
手術前の水分が入っていない頃の足になりましたが、夕方になっても重みやだるさは感じず。
夜も足がつって起きることがなくなりました。レーザー治療(手術)をして良かったと実感

下肢静脈瘤レーザー治療(手術)後9日目

赤く目立っていた炎症が、かなりひきました。そして、かゆみもほとんどなくなりました。
先生の了承を得て、この日から医療用ストッキングは履いてません。

下肢静脈瘤レーザー治療(手術)後9日目

皮膚の炎症が和らいでいるのが分かります。

下肢静脈瘤レーザー治療(手術)後11日目

2日後の手術11日目の右足になります。大きな変化はありませんが、かゆみは全くなくなりました。

下肢静脈瘤レーザー治療(手術)後9日目

左足の膝裏は、すでに炎症が消えてます。

【手術15日目から1ヵ月まで】

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)後15日目

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)後1ヵ月

更に手術痕は薄くなってます。皮膚トラブルもなし。絶好調な感じです。

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)後15日目

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)後1ヵ月

膝裏の手術痕はもう見た目にも分からなくなってます。写真下の右側は、静脈瘤と言われていた部分。術後の見た目も治療前よりもきれいになっていると思います。術後1ヵ月くらいでかさぶたがとれました。

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)後15日目

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)後1ヵ月

ボコボコが目立っていた右の足首部分はこんな感じ。

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)後15日目

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)後1ヵ月

先生
先生

1ヵ月検診でも問題ないですよ。半年後の検診で完治ということにしましょう。

ボコボコの静脈瘤は時間と共にきれいになっていくと先生より話がありましたので、今後もこちらのブログで足の様子はお伝えしていきます。

1ヵ月検診の診察料金その他

皮膚の炎症が起きて診察した日から1週間後に経過を診てもらいました。また、術後1ヵ月検診もありました。

診察料
再診料、検査代   1,570円(3割負担)  5,240円(実費)

診察料金は、経過診察と術後1ヵ月診察共に同金額の1,570円でした。

下肢静脈瘤レーザー治療(手術) 1ヵ月半から2ヵ月までの様子

【手術から1ヵ月半】下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)後1ヵ月半

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)後1ヵ月半

右足のレーザー手術痕もかなり薄くなりました。指で触ると、閉塞した静脈のコロコロっとした感じが指で分かります。

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)後1ヵ月半

右足首のボコボコとした静脈は確実に小さくなってます。

【手術から2ヵ月】

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)後2ヵ月

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)後2ヵ月

閉塞した静脈に触れるとかなり肌に馴染んできていますが、少し硬くなっているのが分かります。痛みやかゆみは一切ありません。

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)後2ヵ月

右足首の静脈瘤はかなりきれいになりました。個人差はありますが、ミュールやサンダルを履いても大丈夫なレベルかと思います。

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)後2ヵ月

左足の膝裏のくも状静脈瘤はかなり薄くなりました。夏に短めのパンツルックをしても大丈夫な感じですが、気にある場合はコンシーラーで隠せばきれいに仕上がります。

下肢静脈瘤レーザー治療(手術) 3カ月までの様子

【手術3カ月】

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)後3ヵ月

足のむくみや疲労感は夕方になっても全くなく、皮膚のつっぱりも3カ月になるとほとんどありません。全身の保湿は気にかけているので、お風呂上りや朝はクリームや保湿剤を使ってます。

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)後3ヵ月

左足の膝裏は、手術後1ヵ月にはレーザー治療(手術)後にはきれいになっていたので、3カ月の様子をお伝えするほどではないのですが、経過観察ということで写真アップしました。

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)後3ヵ月

右足のレーザー治療(手術)痕は、徐々に薄くなっていますがまだ3カ月でも残っています。冬ならタイツを履けば問題ないですし、夏ならストッキングやコンシーラーでかなり目立たなくすることもできるくらいです。

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)後3ヵ月

静脈瘤が浮き出ていた右足は、1ヵ月前よりも更に落ち着いてきました。

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)前と後の写真

前述は、日にちごとに経過写真を掲載しましたが、もう少し分かりやすいように、足の部位ごとに時系列にまとめたページを作りました。

ご覧になる時は、こちらをクリックしてください。

スポンサーリンク


下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)まとめ

長い長い、私の体験記を読んで頂きましてありがとうございました。

個人差はあるかと思いますが、私はレーザー治療(手術)を受けて本当に良かったと思います
途中皮膚炎というトラブルがありましたが、医師の的確な判断で翌日には回復に向かうことが出来ました。

それを思うと、トラブルがあったとしても通院できる距離に病院があると、医師の診断をすぐに受けることができます。ご自宅から近い(その日に通える)病院で下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)を受けることをおススメします。

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)の体験記

下肢静脈瘤のレーザー治療(手術)を体験した人の記事を探しても、病院のホームページばかりヒットしてしまったので、これからレーザー治療(手術)を受ける人や受けようと思っている方の不安や疑問が少しでも消えて、心が軽くなればと、かなり細かく体験記をアップしました。

下肢静脈瘤で悩まれている皆様が、信頼できる医師に出会えること、症状が改善しますこと、手術がうまく行きますことを心よりお祈りいたします。

スポンサーリンク



コメント

トップへ戻る