楽しく踊って痩せる⁉と噂の「ハンドクラップダンス」って?

ハンドクラップダンスってなに?効果は?心と身体

韓国人You Tuberが3年以上前に配信したダンスエクササイズ動画がじわりじわりと日本で人気が出てきたそうで、10代の若者だけでなく70代80代の健康維持にも一役かっているそうなんです。このハンドクラップダンスってなになに?ということで調べてみました。

スポンサーリンク



ハンドクラップダンスって?

韓国人You TuberのJoshさんとBamuiさんのダンスエクササイズで、軽快な音楽をバックに初心者でも踊れる(ダンスが苦手な私でも踊れたよ)動画です。

ハンドクラップとは「拍手」という意味になり、動画のダンスの中には手を叩く動作が多く入ります。また全身を使うダンスなので3分ちょっとの動画ですが結構運動量があり、継続することで健康維持も期待できそうです。

動きが単純で分かりやすいのも、年齢層を選ばずに人気のある理由かと思います。
個人的には、左側の男性Joshさんの表情がツボりましたww

ハンドクラップダンス効果は?

3分間のダンスで動きも単純ではありますが、全身を使うのでかなりの運動量があります。

全身を動かすことで、血流が良くなりストレス発散にもなります。ただ、1回の動画が3分なので、ダイエット効果が得られるまでの脂肪燃焼は厳しいかと思います。

ストレッチ効果があるので、準備体操として取り入れているスポーツクラブもあるそうです。

 

日ごろ運動に慣れていない人には、3分でも激しい運動のように感じられると思いますし、急に長い時間激しい運動をすることで体調を崩してしまったり、筋肉痛になってしまうこともあるので、自分の体調に合った運動をすることが良いかと思います。
スポンサーリンク



ハンドクラップダンスに使われている曲は?

Fitz and the Tantrums(フィッツ アンド ザ タントラムズ)のHandClapという曲が使われています。曲のタイトルにもハンドクラップがつかわれているんですね。ダンスの中でもしっかり手を叩いています。

日本では、過去にも色々なダンスが人気になりました。

1970年代は、ジョントラボルタ主演のサタデーナイトフィーバーでディスコダンスが人気に!

1980年代はブレイクダンス。なんと風見しんごさんが日本でブレイクダンスの先駆者だって知ってました?

1990年代 ランバダ 体を密着させて踊る南米のダンス セクシーすぎて禁止するディスコもあったそうです。

2000年代では、わずか7日間の短期間で減量プログラムを消化する「ビリーザブートキャンプ」が大人気になりました。私もビリーにお世話になった一人です。

ハンドクラップダンスまとめ

楽しく踊ることで、ストレス発散になり心身共にすっきりする効果も得られます。

パソコン作業、仕事や勉強などで同じ姿勢を長時間とってしまった時などには、同じ振り付けにしなくうろ覚えの踊りでも体を動かすことで、ストレッチ効果もあるのでやってみてください。

スポンサーリンク



コメント